Ricreation d'Arcadia official BLOG

ricrearca.exblog.jp ブログトップ

目白バ・ロック音楽祭2006 「ブラビッシモ!」完全独占 期間限定配信

6月3日の目白バ・ロック音楽祭コンサートの音楽配信です。
とりあえずは、ご試聴くださいませ。

http://bravissimo-blog.mde.co.jp/blog/f/10000857.html

グナール・レツボール Gunar Letzbor(ヴァイオリン)

リクレアツィオン・ダルカディア Ricreation d'Arcadia
  松永綾子(ヴァイオリン)
  山口幸恵(ヴァイオリン&ヴィオラ)
  懸田貴嗣(チェロ)
  渡邊 孝(チェンバロ&オルガン)

2006年6月3日 聖母病院チャペル(目白)でのライヴ

作曲家アウフシュナイターの名はオーストリア人にとっても決して聞き慣れた名前ではありません。その彼の音楽を初めて耳にした時、私はたちまち心を惹かれました。きわめてオーストリア的な音色の、洗練された独自の音楽言語にすっかり魅了されてしまったのです。情熱、喜び、不安、絶望、愛、神への畏敬、陽気さ、屈託のなさといった、いわば生そのものの感情が音楽に凝縮された形で迫ってきて、稀有な烈しさで私の魂をゆさぶりました。(プログラム・ノーツより グナール・レツボール/訳・塚原真里子)

グナール・レツボールはオーストリア生まれのヴァイオリニスト兼指揮者。
作曲、指揮、ヴァイオリンをザルツブルクとケルンで学んでいます。ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院在学中、ラインハルト・ゲーベルのオーケストラで一緒に演奏する機会を得て、オリジナル楽器で古楽を演奏することに一生を捧げることを意識するようになります。また、ニコラス・アーノンクールとの交流のなかでも古楽器演奏への関心を深めることになりました。ムジカ・アンティクァ・ケルン、ラ・フォリア・ザルツブルク、アルモニコ・トリビュート・バーゼル、クレマンシック・コンソートのメンバーおよびウィーン・アカデミーのコンサートマスターとして活動。ヨーロッパ、アメリカ、日本でのコンサート・ツアーでは、ヴァイオリン協奏曲のソリストとして大成功を収めました。
[PR]
by ricrearcadia | 2006-06-08 11:57 | コンサート

バロック・アンサンブル Ricreation d'Arcadia の BLOG


by ricrearcadia
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite