Ricreation d'Arcadia official BLOG

ricrearca.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:コンサート( 38 )

メルク国際バロック週間2009

皆様、2008年もお世話になりました。2009年は日本でのコンサート予定は今のところありませんが、今後とも応援をよろしくお願いいます。

2007年にもリクレアツィオン・ダルカディアが出演して大きな反響を呼んだ「メルク国際バロック週間」に、2009年も出演することが決まりました。
(2007年の演奏はライブ録音としてORFより発売されております。過去のブログ記事をご参照ください。)

メルク国際音楽祭2009
2009年5月31日 16時開演 メルク・オーストリア シュタット・プファル協会

プログラムは、コレッリをテーマとしたものとなる予定です。

なお、オーストリア政府観光局のサイトによると、このコンサートは「ハイドンに捧げるコンサート」になるようです

オーストリア政府観光局公式サイト

メルク修道院で行われる国際バロック週間でも、主にハイドンの作品が演奏されます。
シュタット・プファル教会メルクで5月31日に予定している「リクレアチオン・ダルカディア」アンサンブルによる室内楽演奏会は、ハイドンに捧げるコンサートになります。
[PR]
by ricrearcadia | 2008-12-31 20:03 | コンサート

第6回 ヘンデル・フェスティバル

ヘンデル・フェスティバル・ジャパン 2008

久々にリクレアツィオン・ダルカディア4人が日本に帰国してのコンサートです。
(残念ながら今回は4人での演奏会はありません・・・)

オペラ《タメルラーノ》(HWV18) 1724年初演稿ノーカット 本邦初演 字幕付き

指揮、チェンバロ: 渡邊孝
バヤゼット: 辻裕久
アステリア: 佐竹由美
タメルラーノ: 山下牧子
アンドローニコ: 波多野睦美
レオーネ: 牧野正人
イレーネ: 背戸裕子

2008年12月6日(土)15:00開演 浜離宮朝日ホール
全席指定 一般 S席8000円 /A席6500円
支援会会員 S席5600円 /A席4500円
学生 4000円(当日のみ)

アレグロミュージック 03-5216-7131
東京文化会館チケットサービス 03-5815-5452
朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990
d0011119_4325979.jpg

[PR]
by ricrearcadia | 2008-12-06 16:00 | コンサート

渡邊孝 パルティータ全曲演奏会

渡邊 孝 チェンバロ・リサイタル “J.S.バッハ:パルティータ全曲”

クラヴィーア練習曲集第1巻「パルティータ全曲」

第1日 ・ 11月21日(金)19時開演 18時30分開場 祐天寺・聖パウロ教会


パルティータ第1番 変ロ長調 BWV 825
パルティータ第2番 ハ短調 BWV 826
ジョン・ブル (1562-3 – 1628); ブル博士の”おやすみ” /国王の狩
パルティータ第5番 ト長調 BWV 829

第2日 ・ 11月25日(火)19時開演 18時30分開場 原宿・東京中央教会

パルティータ第4番 ニ長調 BWV 828
パルティータ第3番 イ短調 BWV 827
作者不詳 (17世紀): 第6旋法によるバッタリア”戦い” [Biblioteca Pública e Arquivo Distrital, Braga, Ms 964, fol. 56]
パルティータ第6番 ホ短調 BWV 830

料金:各日・全自由席3500円 / 全曲セット券6500円

チケットのお申込みは、FAX(03-3901-1578)またはメールticket@alquimista-mr.com にて、お名前、ご住所、お電話番号、ご希望公演とチケット枚数を明記の上、お申込みください。お問合せ電話番号は、03-3901-1573(不在の場合がございます。ご了承お願い致します)

アーティスト・プロフィール

 長野市出身。東京音楽大学ピアノ専攻卒業。在学中にチェンバロを始め、渡邊順生氏に師事。桐朋学園大学研究科(チェンバロ専攻)修了。2002年より拠点をヨーロッパに移し、アムステルダム音楽院にてボブ・ファン・アスペレン氏に師事。現在はイタリアに在住し、ミラノ市立音楽院にてロレンツォ・ギエルミ氏にオルガンを師事。日本では『ヘンデル・フェスティバル・ジャパン』の指揮者として参加するほか、ヨーロッパ各地でもソリスト、または通奏低音奏者として活躍している。また海外の演奏家との共演も多く、G・レツボール、E・ガッティ、
A・シュテック、V・ギエルミなどと共演を重ねている。
 2004年に結成したアンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディア (Ensemble Ricreation d’Arcadia) ではボンポルティ国際古楽コンクールにて第1位、また聴衆賞, ORF (オーストリア国営放送) 録音賞を受賞するなどの圧倒的支持を得た。イタリア、スロヴェニア、オーストリアなどの公演ではいずれも好評を得ている。演奏はRAI(イタリア)ORF(オーストリア)などで放送された。
 2006年ケーテン(ドイツ)で行われた、バッハ・アーベル国際ヴィオラ・ダ・ガンバ・コンクールにてチェンバロ特別賞を受賞。2007年10月のアムステルダム(オランダ)で行われたスヴェーリンク・オルガンコンクールではディプロマを受賞した。2008年から2009年にかけてORFレーベル(オーストリア)よりリクレアツィオン・ダルカディアで3枚のCDをリリース予定。
[PR]
by ricrearcadia | 2008-11-25 19:00 | コンサート

デュオ 音の恵(おとのえ)コンサート

メンバーの山口幸恵とピアニスト七条恵子のコンサートがあるのでご案内です。
----------------------------------------------------------
デュオ 音の恵(おとのえ)コンサート

「デュオ 音の恵」は、2006年ブリュージュ国際古楽コンクール・モーツァルトアンサンブル部門で第1位を受賞したヴァイオリンとフォルテピアノのデュオ。ヨーロッパ各地での活動を経て、待望の日本デビューを果たします。モーツァルトの時代様式の楽器を用いたアンサンブルの響きを、趣ある歴史的建造物である自由学園明日館でお楽しみください。

◆日時 : 2008年10月22日(水)19:00開演/18:30開場
◆会場 : 自由学園明日館 講堂(会場へのアクセス)
◆料金 : 全席自由 3,000円(会場定員 272名)
   (チケットは発行しませんので、代金は当日会場にてお支払いください。
    お申し込みは不要です。)

◆デュオ 音の恵
山口幸恵(ヴァイオリン)
七條恵子(フォルテピアノ)

◆プログラム
W.A. モーツァルト : ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第40番
F. シューベルト : ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ 第1番
C.P.E. バッハ : 自由な幻想曲(フォルテピアノ独奏)
P. ローデ : 24のカプリスより 第14、18、21番(ヴァイオリン独奏)
L.v. ベートーヴェン : ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第8番

********************
~デュオ 音の恵(Duo Otonoё)~
桐朋学園大学在学中、当時モダン楽器を専攻していた七條恵子(ピアノ)と山口幸恵(ヴァイオリン) が古楽実習クラス(有田正広、本間正史、花岡和生各氏による)で出会い、互いの演奏に魅せられ結成。大学卒業後、共に歴史的楽器の演奏研究に力を注ぐ。2002年の七條の渡欧前に、音の恵コンサートを東京で開催。この時、デュオの名前を2 人の名前に共通する漢字の「恵」からとって《音の恵-おとのえ》とした。七條の留学にともない活動を一時中断。その間、2 人の拠点は日本とヨーロッパに分かれるが、それぞれのソロ、アンサンブル活動に専念する。2006年に再会し、同年夏に行なわれたブルージュ国際コンクール、モーツァルトアンサンブル部門で、デュオ音の恵は第1 位を受賞。これ以後、活動を再開し、Grachten Festival, Uitmarkt (オランダ)、Printemps des Arts (フランス)、Festival Musica Antiqua (ベルギー) の音楽祭に出演。今後もアムステルダムに拠点をおいて活動を続けていく予定。この演奏会がコンクール受賞後、初の東京公演となる。

山口幸恵(ヴァイオリン) : 桐朋学園大学大学院修了後、バッハ・コレギウム・ジャパンの海外ツアー、カンタータ録音のプロジェクトやオーケストラ・リベラ・クラシカの演奏会に数多く参加。2004年、渡邊孝、松永綾子、懸田貴嗣と結成したリクレアツィオン・ダルカディアでボンポルティ国際古楽コンクール、バロックアンサンブル部門第1 位を受賞、あわせて聴衆賞、録音賞を受賞。この受賞がきっかけとなりヨーロッパの音楽祭に多数出演するようになる。2006年秋からアムステルダ音楽院古楽科へ留学。文化庁海外派遣研修員として、ルーシー・ファン・ダールのもとで研鑽を積んでいる。

七條恵子(フォルテピアノ) : 東京芸術大学大学院古楽科をフォルテピアノ専攻で修了。ブルージュ国際古楽コンクール、フォルテピアノ部門で最高位、あわせてミンコフ賞を受賞。2006年にはラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭にモーツァルトのピアノ協奏曲のソリストとして出演。ヨーロッパ各地でリサイタル、ラジオ録音等を行っている。2002年より、アムステルダム音楽院にて、スタンリー・ホッホランドのもとで研鑽を積む。2005 年からは文化庁海外派遣研修員として、2007年にはよんでん文化財団の奨学金を受け、同音楽院において研修を続ける。2008年、同音楽院修士課程修了。
********************

使用フォルテピアノ : ワルターモデル(5オクターブ半) 、ポール・マクナルティ2002年製作、梅岡楽器サービス所蔵

自由学園明日館 講堂
東京都豊島区西池袋 2-31-3/電話番号 : 03-3971-7535
JR池袋駅メトロポリタン口より徒歩5分/JR目白駅より徒歩7分
駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮ください。
近隣にコインパーキングがあります。(駐車場名『西池袋2丁目』)
[PR]
by ricrearcadia | 2008-10-10 07:48 | コンサート

Concerto in Aosta

6 August 2008
Aosta, Italy
Collegiata di S. Orso ad Aosta, alle ore 21.30

Arcangelo Corelli (1653- 1713)
Sonata Seconda, Re- maggiore
Grave – Allegro – Adagio – Allegro
from Sonata da chiesa da op. 3

Heinrich Ignaz Franz von Biber (1644-1704)
from Mystery (Rosary) Sonatas
Mus. Ms. 4123 (Bayerische Staatsbibliothek München)
No. 1: The Annunciation
1. Prealudium
2. Aria- allegro, variation, adagio- Finale

Jan Pieterszoon Sweelinck’s circle (first half of 17th century) organo solo
»Wie schön leuchtet der Morgenstern«
Mus. Ms. Lynar B 2 (Berlin, Deutsche Staatsbibliothek)

H. I. F. von Biber (from Mystery sonatas)
No. 2: The Visitation of Mary to Elizabeth (scordatura : la mi la mi)
1. Sonata
2. Presto
3. Allemande
4. Presto

Antonio Bertali (1605-1669)
Sonata III a 3
Prothimia Suavissima, parte seconda (1672)

Anon. (17th Century)
Fantasie über das Kirchenlied
»Wie schön leuchtet der Morgenstern«
Contrapunct sopra la Baßigaylos d’Altr.
Für Violine und Basso continuo
(Minoritenkonvent Wien, Kodex 726)

Girolamo Frescobaldi (1583-1643) organo solo
- Toccata Avanti Il Recercar
- Recercar Cromatico posto il Credo
Fiori musicali (Venezia, 1635)

H. I. F. von Biber (from Mystery sonatas)
No. 6: Agony in the Garden (scordatura: la bemol mi bemol sol re)
Lamento, Adagio, Presto, Adagio, Adagio, Adagio.

H. I. F. von Biber (from Mystery sonatas)
No. 14: The Assumption of Mary (scordatura : la mi la re)
1. Prelude, Grave, Adagio
2. Aria, Aria, Gigue

G. Frescobaldi, organo solo
Bergamasca
Fiori musicali (Venezia, 1635)

A. Corelli
Sonata Sesta, Sol maggiore
Vivace – Grave – Allegro - Allegro
from Sonata da chiesa da op. 3
[PR]
by ricrearcadia | 2008-08-17 05:54 | コンサート

目白バ・ロック音楽祭2008

今年もリクレアツィオン・ダルカディアは目白バ・ロック音楽祭に出演します。
メンバー2人がヨーロッパより帰国できないですが、デュオ・ソロ、そして、ダンラウリンとの特別
コラボレーションと、豪華3本立てです。どうぞお楽しみください。



目白バ・ロック音楽祭 2008


渡邊 孝 チェンバロ・リサイタル
響きの万華鏡~ヘクサコード・ファンダジア


『ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ』・・・たった6音からなる単純な音階「ヘクサコード」に霊感を受けた16・17世紀の巨匠達の傑作をファンタスティックな演奏で。フローベルガー、バード、フレスコバルディ、スウェーリンク他の作品。

5/31(土) 目白聖公会 16時開演
S席5000円 A席4000円 自由席3000円

Johann Jacob Froberger (1616- 1667)
Fantasia sopra Ut re mi fa sol la

William Byrd (c. 1540- 1623)
Coranto (MB. 45)

Anon.
Alemande Brun Smeedelyn
Susanne van Soldt manuscript [1599], London, British Museum, Add. 29485

William Byrd
Ut re mi fa sol la (MB. 64)

Girolamo Frescobaldi (1583- 1643)
Capriccio II sopra “La sol fa mi re ut”

John Bull (1562-3 – 1628)
My Self (MB. 138)
Bull’s Goodnight (MB. 143)
The King’s Hunt (MB. 125)

Anon. (16 century)
Upon la mi re

J. J. Froberger
Fantasia IV Sopra Sollare: lasia fare mi

Thomas Tomkins (1572- 1656)
A Sad Pavan for these distracted times

Anon. (16- 7 Century)
Spagnoletta
Florence, Biblioteca Nazionale Centrale, Dipartimento Musica. Magl.XIX 138

Jan Pieterszoon Sweelinck (1562- 1621)
Variations “Ick voer al over Rhijn”

J. P. Sweelinck
Hexachord Fantasia



デュオ・リクレアツィオン・ダルカディア
人生の喜びを知るヘンデルのヴァイオリン・ソナタ

6/12(木) 自由学園明日館 19:00開演
6/13(金) 日本聖書神学校 13:00開演
指定5000円 自由3000円

Duo Ricreation d’Arcadia
Violino: 松永 綾子
Clavicembalo: 渡邊 孝

G.F. ヘンデル (1685-1759)

ヴァイオリン・ソナタ
D major op.1-13 HWV 371
A major op.1- 3 HWV 361
A major op.1-14 HWV 372
G minor op.1-6 HWV 364a

アレグロ G major HWV 407 (for solo violin)
フーガ B flat major HWV 607 (cembalo solo)

F. マンチーニ (1672-1737)
ヴァイオリン・ソナタ IV a minor
XII solos (London, 1724)

N. ポルポラ (1686-1768)
ヴァイオリン・ソナタ XI D major
[12] Sonate (Vienna, 1754)

A. スカルラッティ (1660-1725)
- Toccata per cembalo o per organo


リコーダーによるヴィヴァルディ四季◎S席
ダン・ラウリン◎コンチェルトの夕べ
花鳥風月~リコーダーによるヴィヴァルディ《四季》


「永遠の名曲」を超絶技巧とアイデアを駆使して描き切るラウリン渾身の編曲。《四季》より「春」「夏」

6/10(火) トッパンホール

全席6,000円

ドメニコ・サッリ:リコーダー・ソナタ第11番
Domenico Sarri (1679-1744): Sonata XI (1725) for recorder, strings and b.c.

ヨハン・ヘルミッヒ・ルーマン:リコーダー・ソナタ第10番ホ短調
Johann Helmich Roman (1694-1758):Sonata X in E minor for recorder and b.c.

ヴィヴァルディ:リコーダー・コンチェルト ハ短調 RV441
Vivaldi: Concerto in C minor for recorder, strings and b.c.

フランチェスコ・ジェミニアーニ:チェロ・ソナタ作品5-2 イ短調
Francesco Geminiani:Cello Sonata Op.5-2 a-minor*

ヴィヴァルディ:《四季》より「春」「夏」
Vivaldi: La Primavera & L'Estate

【独奏】
ダン・ラウリン Dan Laurin リコーダー
ディミトリー・バディアロフ Dmitry Badiarov ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ
【出演者】
高橋未希 Miki Takahashi ヴァイオリン
松永綾子 Ayako Matsunaga ヴァイオリン
深澤美奈 Mina Fukazawa ヴィオラ
ディミトリー・バディアロフ Dmitry Badiarov ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ
諸岡典経 Noritsune Moro'oka ヴィオローネ
渡邊 孝 Takashi Watanabe チェンバロ
[PR]
by ricrearcadia | 2008-05-14 07:32 | コンサート

Concert in April-May 2008

Ensemble Ricreation d'Arcadia + α

Concert 25 April 2008, Rovereto, Italia. Chiesa di San Marco
Concerts 6 & 7 May 2008, Wroclaw & Jelenia Gora, Poland


Francesco Antonio Bonporti (1672-1749)

Trio sonatas from op.4, Sonate da camera a tre (1703)

- Sonata e-minor, op. 4- 8
Preludio (Andante)- Allegro (Allemanda)- Grave – Giga

- Sonata A-major, op. 4- 5
Preludio (Adagio) – Allegro (Allemanda)- Presto (Gavotta)

Some Motetti from op.3, Motetti a canto solo con violini (1701)

Two violin concertos from Op. 11 (Concerti a Quattro)
- Concerto no. 2 B flat major
Spiritoso– Adagio – Allegro
- Concerto no. 5 F-major
Larghetto – Recitativo: Adagio assai - Allegro

Concertini e serenate con arie variate, siciliane, recitativi e chiuse Op. 12 (Augsburg, c.1745)
- VI. Serenata. A-major
Largo – Paesana Variata alla moderna. (Andante) – Chiusa (Presto)
[PR]
by ricrearcadia | 2008-03-06 06:52 | コンサート

Materiali del Sacro 2007

Chiesa Parrocchiale Masciago Primo, Italia

Mercoledi 18 Luglio ore 21

Ricreation d'Arcadia "Prothimia Suavissima"

Clamor Heinrich Abel (1634-96)
Battaille à 2 Violin, D- dur
from Codex ROST, no.44 (1680s)
(Paris Bibliotheque national, Rés.Vm7653 )

Heinrich Ignaz Franz von Biber (1644-1704)
Partita 6, D- dur (accord, normal)
Praeludium (Adagio- Allegro)/ Aria e Variatio (I- XIII)/ Finale (Adagio- Allegro)
HARMONIA/ ARTIFICIOSA-ARIOSA/ Diversimodè accrdata/ et/In septem Partes vel Partitas distribute/ à 3. Instrumentis,/ Per Henricum Joh. Franciscum à Bibern/ Archi-Episcopi Salisburgensis/ Quondam Dapiferum et Capellae Magistrum/ Noribergae/ Apud Wolfgangum Mauritium/ Endterum. (1696/ 1712)

Rupert Ignaz Mayr (1646- 1712)
Trio- Sonata, d- moll
I. [ ] – II. Adagio – III. [ ] – IV. Adagio – V. Adagio – IV. Da capo
from Codex ROST, no.136
(Paris Bibliotheque national, Rés.Vm7653 )

Antonio Caldara (c.1670-1736)
Sonata 12, d minore for Violoncello and basso continuo
Allegro - Allegro - Largo - Allegro
(fino al 27 Luglio 1735)
Sedici Sonate / Violoncello a Solo col Basso continuo / Del Sign Antonio Caldara / 1735
Graf von Schonbornsche Musikbibliothek

Johann Jacob Froberger (1616-1667) cembalo solo
Toccata XII in a (Libro IV, 1656)
Suite XX D-dur
Méditation, faite sur ma mort future laquelle se joue lentement
avec discrétion Memento Mori Froberger?(Paris 1. May 1660)
-Gigue – Courante – Sarabande

Heinrich Ignaz Franz von Biber (1644-1704)
Partita 3, A-dur (accord; a-e-a-e)
Praeludium (Allegro)/ Allemande/ Amener (Presto)/ Balletto/ Gigue/ Ciaccona (Canon in unisono)
HARMONIA/ ARTIFICIOSA-ARIOSA/ (1696/ 1712)
[PR]
by ricrearcadia | 2007-08-01 04:43 | コンサート

ヘンデル・フェスティバル・ジャパン2006

ダルカディアがオーケストラの中核となるヘンデル・フェスティバル・ジャパン2006のご案内です。今回は大曲「ヘラクレス」を取り上げます。

◎オラトリオ(音楽劇) 《ヘラクレス》 HWV60全曲 本邦初演 
日時:2007年1月14日(日)15:00開演(19:00終演予定)
会場:浜離宮朝日ホール 
出演:牧野正人(ヘラクレス)、波多野睦美(デージャナイラ)、野々下由香里(アイオレ)、
    米良美一(ライカス)、辻裕久(ヒュロス)
    キャノンズ・コンサート室内合奏団&合唱団、他。
指揮&チェンバロ: 渡邊孝
合唱指揮:辻 裕久

TICKETS: S 7,500円 A 6,500円 (学生4,000円) 全席指定

主催:『ヘンデル・フェスティバル・ジャパン』実行委員会
制作統括/監修:三澤寿喜
助成:財団法人朝日新聞文化財団/財団法人三菱信託芸術文化財団
協力:朝日新聞社/久保田チェンバロ工房/石井賢(ポジティフ・オルガン)/池上ルーテル教会
後援:株式会社全音楽譜出版社
マネージメント:アレグロミュージック
お問い合わせ:HFJ事務局 0297-82-7392

【チケット取り扱い】
アレグロミュージック 03-5216-7131  東京文化会館チケットサービス 03-5815-5452
CNプレイガイド 0570-08-9990  朝日ホール・チケットセンター(1/14のみ) 03-3267-9990
[PR]
by ricrearcadia | 2006-12-05 21:20 | コンサート

2006年11月

去年も演奏したモデナの古楽音楽祭です。
プログラムはオール・モーツァルト・プログラムになる予定。

8th November 2006 21.00 Chiesa di San Carlo, Modena (Italia)
 
Trio Ricreation d'Arcadia
 (Ayako Matsunaga, Takashi Kaketa, Takashi Watanabe)

Il Violino di Mozart
Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)
Sonata for Violin and fortepiano G-dur, KV 301 (Mannheim, 1778)
Sonata für Violine und Bass C-dur, KV 46d (Vienna, 1768, 1/Sep.)
Sonata für Violine und Bass F-dur, KV46e (Vienna, 1768, 1/Sep.)
Duo G-dur, KV 423, version for Violin and Violoncello (ed. Jean Treag & Fils. Vienna, 1805) (Salzburg or Vienna 1783)
Adagio h-moll, KV 540 (Vienna, 1788, 19/ March) fortepiano solo
Piano Trio G-dur, KV 496 (Vienna, 1786, 8/ July)

-----------------------------------------------------------

11.November 2006, 17h,
Norden/Ostfriesland, reformierte Kirche,
neapolitanische Barockmusik

12.November 2006, 17h,
Norden/Ostfriesland, Ulrichsgymnasium,
neapolitanische Barockmusik

Ensemble Ricreation d'Arcadia
 (Andreas Boelen, Ayako Matsunaga, Yukie Yamaguchi, Takashi Kaketa, Takashi Watanabe)
[PR]
by ricrearcadia | 2006-10-06 22:49 | コンサート

バロック・アンサンブル Ricreation d'Arcadia の BLOG


by ricrearcadia
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite