Ricreation d'Arcadia official BLOG

ricrearca.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:今後の予定( 8 )

La follia e la malinconia

MITO SettembreMusica
Torino Milano Festival Internazionale della Musica
http://www.comune.torino.it/settembremusica/programma/27settembre.htm

27 Settembre 2007 ore 17
Sala del Sole 24 ORE, Sala Collina Milano, Italia

Ricreation d’Arcadia "La follia e la malinconia"

Dario Castello (c.1590-1644)
Sonata quarta da: “Sonate concertate in Stil Moderno” secondo libro (1629)
per flauto dolce. Violine, Violoncello e basso continuo

Giovanni Paolo Cima (1570-1622)
Sonata à 2 in g (Milano, 1610)
per flauto dolce e basso continuo

Giovanni Battista Fontana (fl.1630)
Sonata in D (1641)
per Violine e basso continuo

Bartolomeo de Selma e Salaverde (ca.1580-ca.1640)
Canzona undecima per flauto dolce, violoncello e basso continuo
da: Canzoni Fantasie et Correnti, Venetia, primo libro, 1638

Domenico Gabrielli (1659-90) violoncello solo
Ricercare VII in d
Sonata a violoncello solo con il suo basso continuo in A

Antonio Vivaldi (1678-1741)
Concerto in Fa maggiore RV 100
Allegro - Largo - Allegro
per flauto dolce. Violine, Violoncello e basso continuo
-------

Giovanni Battista Fontana (fl.1630)
Sonata settima in d
per flauto dolce. Violine, Violoncello e basso continuo

Angelo Notari (1566-1663)
Canzona passagiata per flauto dolce e basso continuo

Marco Uccellini (?-1680)
Sonata seconda detta “La Luciminia contenta”
da : “Sonate, concerti, et arie da farsi con diversi stromenti...”op. IV [c.1645]

Girolamo Frescobaldi (1583-1643)
Cento Partite sopra passacagli [1615] per clavicembalo solo

D. Castello
Sonata Decima [1629]
per flauto dolce. Violine, Violoncello e basso continuo

Ensemble Ricreation d’Arcadia

Violino Ayako Matsunaga
Flauto dolce Andreas Böhlen
Viloncello Takashi Kaketa
Clavicembalo Takashi Watanabe
[PR]
by ricrearcadia | 2007-09-27 21:00 | 今後の予定

2007 Germany tour

昨年もお知らせしましたが、8月のドイツツアー、Ricreation d'Arcadiaという名前ではありませんが、ほぼ同じメンバー(+リコーダー)でドイツツアーをします。

18. August 2007, 18.00h, Leer, Lutherkirche
19. August 2007, 20.00h, Norden, Ludgerikirche
22. August 2007, 19.00h, Mihla (Nähe Eisenach), Kirche
23. August 2007, 19.30h, Ellichleben/Thüringen, Kirche
24. August 2007, 19.00h, Neustadt/Harz, Kirche
25. August 2007, 18.00h, Gernewitz, Kirche
28. August 2007, 19.30h, Bad Liebenstein, Kirche
30. August 2007, 19.30h, Hermsdorf, Kirche
31. August 2007, 19.30h, Schildow-Mühlenbeck (bei Berlin), Kirche
01. September 2007, 19.30 Goellnitz (Brandenburg)
02. September 2007, 17.00h, Erfurt, Michaeliskirche

北ドイツからチューリンゲンを中心に各地を周る予定です。
[PR]
by ricrearcadia | 2007-08-01 05:00 | 今後の予定

目白バ・ロック音楽祭2007

去年に引き続き、今年も目白バ・ロック音楽祭2007です。
今年も、エンリコ・ガッティ、ヴェネシアーナなど大物との共演もあり、非常に楽しみです。
ダルカディアだけのコンサート「ファリーナ氏とめぐるヨーロッパ音楽の旅」も、鶏や犬、ネコ!が登場する「常軌を逸したカプリッチョ」(ファリーナ)をはじめ、当時の音楽表現の限界に迫る名曲が目白押しです!

みなさんのご来場をお待ちしております。

http://www.alquimista-mr.com/frame/management.htm

エンリコ・ガッティ 「17-18世紀イタリア、ヴァイオリンの芸術「ソナタ編」
6月3日(日) 15:00 立教大学第一食堂

ヴァイオリン:エンリコ・ガッティ 
チェロ:懸田貴嗣 チェンバロ&オルガン:渡邊孝

チーマ(c.1570- 1630):ヴァイオリンとヴィオローネのための二声のソナタ
フォンターナ (? 1589- ? 1630):ソナタ第三番
ウッチェリーニ (c. 1603- 1680):ソナタ第1番「ラ・ヴィットーリア・トリオンファンテ」
ジョヴァンニ・デ・マックエ (ca. 1550- 1614):
  コンソナンツェ・ストラヴァガンティ、2つのガイヤルダ、ストラヴァガンツェ第2
  (チェンバロ独奏:渡邊孝)
スビッサティ (1606-1677):ソナタ第9番 - 第12番
パンドルフィ・メアッリ (fl. 1660- 69):ソナタ第2番「ラ・チェスタ」
ボンポルティ (1672- 1749):インヴェンツィオーネ 作品10の4
ジェミニアーニ (1687- 1762):ソナタ 作品4の5
ジェミニアーニ:チェロ・ソナタ作品5の5(チェロ独奏:懸田貴嗣)
ヴェラチーニ (1690- 1768):ソナタ・アッカデミカ 作品2の6


ラ・ヴェネシアーナ ヴェネツィアの晩課~モンテヴェルディ《倫理的・宗教的な森》
6月6日(水) 19:15 東京カテドラル聖マリア大聖堂

総指揮:クラウディオ・カヴィーナ 声楽:ラ・ヴェネシアーナ
エンリコ・ガッティ(バロックヴァイオリン) & アンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディア
松永綾子、渡邉さとみ(バロックヴァイオリン) 山口幸恵(バロックヴィオラ) 懸田貴嗣(バロックチェロ) 西山真二(ヴィオローネ) 渡邊孝(チェンバロ&オルガン) マルタ・グラツィオーノ(バロックハープ)

“ヴェネツィアの晩課”
トッカータ
序詞とレスポンソリウム〈神よ、助けに / 主よ、助けるために〉 《聖母マリアのための晩課》より
詩編〈主は言われた〉6声 《聖母マリアのための晩課》より
アンティフォナのかわりにモテット〈私は野の花〉
詩編〈私は罪を認めます〉第1 《倫理的・宗教的な森》より
アンティフォナのかわりにソナタ〈オルガンのためのカンツォーナ〉(G. フレスコバルディ)
詩編〈幸いなるかな、その人は〉第2 《倫理的・宗教的な森》より
アンティフォナのかわりにモテット〈救いたまえ、聖母よ〉第3 《倫理的・宗教的な森》より
詩編〈子らよ、主をたたえなさい〉第2 《倫理的・宗教的な森》より
アンティフォナのかわりにモテット〈聖所にある主をほめたたえよ〉 《倫理的・宗教的な森》より
詩編〈主をたたえよ〉第1、《倫理的・宗教的な森》より
アンティフォナのかわりにソナタ〈2声カンツォーナ〉(G. フレスコバルディ)
《マニフィカト》、6声(F. カヴァッリ)
〈聖なるマリアよ、私たちのために祈ってください〉2声


エンリコ・ガッティ 「17-18世紀イタリア、ヴァイオリンの芸術「コンチェルト編」
6月9日(土) 14:00 Toppan Hall

コレッリ(1653-1713) :コンチェルト・グロッソ 作品6より
コレッリ:4声のフーガ
ヴィヴァルディ(1678-1741):ヴァイオリン・コンチェルト ト長調 作品3の3
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン・コンチェルト ニ長調 作品3の9
ボンポルティ(1672-1749):ヴァイオリン・コンチェルト ヘ長調 作品11の5
タルティーニ:4声のコンチェルトほか

ヴァイオリン独奏:エンリコ・ガッティ
アンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディア
松永綾子(ヴァイオリン) 渡邊さとみ(ヴァイオリン) 山口幸恵(ヴィオラ) 懸田貴嗣(チェロ) 西山真二(ヴィオローネ) 渡邊 孝(チェンバロ&オルガン)

リクレアツィオン・ダルカディア ファリーナ氏と巡るヨーロッパ音楽の旅~常軌を逸したカプリッチョ
6月16日(土) 18:00 目白聖公会

リクレアツィオン・ダルカディア
松永綾子(バロックヴァイオリン) 山口幸恵(バロックヴァイオリン&ヴィオラ)
懸田貴嗣(バロックチェロ) 渡邊 孝(オルガン&チェンバロ) 
ゲスト:渡邉さとみ(バロックヴァイオリン)

猫や犬、雌鳥雄鶏も登場!
常軌を逸したファリーナ氏の芸術的ウィットとは?

モンテヴェルディ:シンフォニア“テンプロ・ラ・チェトラ”(1619)
ロッシ:ガリヤルダ
マリーニ:パッサカリオ
ビーバー:7つのバレッテ
シュメルツァー:フェルディナンド三世の死を悼むラメント
カステッロ:ソナタ第4番、第10番
ファリーナ:常軌を逸したカプリッチョ

渡邊 孝 チェンバロ・リサイタル
6月17日(日) 14:00 雑司が谷音楽堂
ライン川を渡りながら作曲したアルマンド~フローベルガー・プログラム

フローベルガーの音楽日記。
愛おしい作曲家との親密な対話。

トッカータ第3番
組曲第16番ト長調~フローベルガーの山からの転落
組曲第20番ニ長調~瞑想,来るべき自分の死を思って‐
組曲第19番ハ短調
トンボー,パリにおけるブランクローシュ氏の死に際して
ファンタジア第2番
組曲第28番ホ短調~ライン川を小船でわたる際に瀕した重大な危険
組曲第14番ト短調~私が強奪された事実に基づくラメント
皇帝陛下フェルディナント3世の痛ましき死に際して作曲されたラメント
[PR]
by ricrearcadia | 2007-02-06 23:32 | 今後の予定

May 2007 in Austria


19. Mai: Stift St. Florian, (O.Ö) "Fiori Musicali" 19.00 Uhr, Sommerrefektorium

20. Mai: Schloss Eckartsau (N.Ö):
 Konzert "Eckartsauer Schlosskonzerte" 11.00 Uhr
21. Mai: Diersbach (N.Ö):
 Konzert "Inntöne Barock" 20.00 Uhr


Giovanni Battista Buonamente (+1643)
Ballo del Gran Duca (Aria di Fiorenza)
Quarto libro de varie Sonate, Sinfonie, Gagliarde, Corrente e Brandi per sonar con due Violini e un Basso di Viola diGio. Battista Buonamente… in Venezia…1626.

Dario Castello (c.1590-1644)
Sonata quarta from: “Sonate concertate in stil Moderno” secondo libro (1629)

Antonio Caldara (c.1670-1736)
Ant. Caldara/ 12 Sonate à tre./
Sonata 11 D-dur (MS. Bruxelles)
Grave- Allegro- Adagio/ Allegro/ Adagio/ Allegro – Adagio/ Allegro

Antonio Vivaldi (1678-1741)
Sonata da Camera/a tre/Due violini e Violone o Cembalo/di/D.Antonio Vivaldi/Musico di Violino, Professor Veneto/Opera Prima/A Amsterdam/chez Estienne Roger Marchand libraire/no.363
Sonata 12 “La Follia”
(RV 63, op.1-12, d minor/d-moll, Venice, 1705)

Johann Heinrich Schmelzer (1623-1680)
Fechtschule
Aria 1/ Aria 2/ Sarabande./ Courente./ Fechtschule./ Bader Aria
(Dm. d Tk. in Oest. XXVIII. 56)

G.A.Pandolfi-Mealli (fl.1660-1669) violino solo
Sonata “La Castella” (1660),
from op.3 Innsbruck

Johann Jacob Froberger (1616-1667) cembalo solo
Toccata III in G (Libro secondo, 1649)
Suite XII in C (Libro Quarto, 1656)
Lamento sopra la dolorosa perdita della Real Majestà di Ferdinando, Ré de Romani etc.- Gigue – Courante – Sarabande.

Heinrich Ignaz Franz von Biber (1644-1704)
HARMONIA/ARTIFICIOSA-ARIOSA/Diversimodè accrdata/et/In septem Partes vel Partitas distribute/à 3. Instrumentis,/Per Henricum Joh. Franciscum à Bibern/Archi-Episcopi Salisburgensis/Quondam Dapiferum et Capellae Magistrum/ Noribergae/Apud Wolfgangum Mauritium/Endterum.
Partita 3, A-dur (accord; a-e-a-e)
Praeludium (Allegro)/ Allemande/ Amener (Presto)/ Balletto/ Gigue/ Ciaccona (Canon in unisono)


INTERNATIONALE BAROCKTAGE MELK28.05.2007, Mo - 11:45
MELK, STADTPFARRKIRCHE MELK


Buxtehude, Abel, Muffat, Becker, Goldberg, Händel

Junge Musiker aus dem Land der aufgehenden Sonne: das Ensemble Ricreation d’Arcadia aus Tokyo mit barocker Musik aus dem Abendland. Rund um den musikalischen Jahresregenten Dietrich Buxtehude gestaltet die mit internationalen Preisen ausgezeichnete Gruppe ihr Österreich-Debüt.

Clamor Heinrich Abel (1634-96)
Battaille à 2. Violin, D-dur
from Codex ROST, no.44 (1680s)
(Paris Bibliotheque national, Rés.Vm7653 )

Dietrich Becker (1623- 1679)
Suite g- moll
Brandle Simple- Gay- Amener- Gavott- Courent Simple 1 & 2- Sarabanda.
(Erster Theil / Zwey- Stimmiger / Sonaten und Suiten /…/ Hamburg, 1674)

Dietrich Buxtehude (1637- 1707)
Sonata in G a 3, BuxWV 271
Düben collection, University Library, Uppsala, Sweden.

George Frideric Handel (1685-1759)
Sinfonia B-dur, HWV 339 (c.1706-07)
Allegro- Adagio- Allegro
HHA IV/15

Johann Gottlieb Goldberg (1727- 1756)
Sonata C-dur
Adagio- Alla breve- Largo- Gique (Presto).

Georg Muffat (1653- 1704)
Sonata Violino solo (Prag 1677)

Dietrich Buxtehude
Paeludium in g, BuxWV 163. (Cembalo solo)

Dietrich Buxtehude
Sonata in C, BuxWV 266
Düben collection, University Library, Uppsala, Sweden.


Ensemble Ricreation d’Arcadia
Violini          Ayako Matsunaga
              Yukie Yamaguchi
Violoncello      Takashi Kaketa
Cembalo & Organ Takashi Watanabe
[PR]
by ricrearcadia | 2007-01-26 17:05 | 今後の予定

2006 ドイツツアー

これは厳密に言うと、Ricreation d'Arcadiaのツアーではないのですが、
メンバー+ドイツ人のリコーダー奏者アンドレアス・ベーレンということで、一応お知らせまで。

16th August: Norden
18th August: Norderney
19th August: Hinte
20th August: Dermbach
23th August: Bad Liebenstein
24th August: Ettischleben
25th August: Neustadt
26th August: Fraureuth
27th August: Eisenberg & Neustadt
30th August: Jena

場所は、ドイツの北西部と中部テューリンゲン地方です。コンサート会場は全て教会となっています。質素でありながら、美しく凛とした教会の雰囲気は演奏者にとっても至福のときをもたらしてくれます。大変楽しみなツアーです。
[PR]
by ricrearcadia | 2006-08-01 23:02 | 今後の予定

2007年5月 オーストリア

Ricreation d'Arcadia
リクレアツィオン・ダルカディア コンサート

随分先ですが、2007年のコンサート in Austria。初オーストリア公演です。

http://www.barocktage.at/index.html
28th of May 2007

Program with Buxtehude and H.I.F.Biber and others

2007年出演者が発表になっています。
http://www.barocktage.at/Programm.asp
[PR]
by ricrearcadia | 2006-04-24 23:55 | 今後の予定

あけましておめでとうございます

ダルカディア・ブログへおいでのみなさま、あけましておめでとうございます。
今年のコンサート予定がいくつか決まってきましたので、お知らせ。

2006年
 目白バロック音楽祭
  6月3日(土) Gunar Letzbor & Ricreation d'Arcadia
  6月9日(金) Ricreation d'Arcadia

  7月 スロヴェニア ビーバー 「技巧的で楽しい合奏曲集」全7曲(予定)

シュメルツァー、ビーバー、ムファットなどオーストリア・バロック音楽の旗手、
グナール・レッツボールとの共演、7月はビーバーの「技巧的で~」全曲に
挑戦する計画です。

みなさん、お楽しみに!
[PR]
by ricrearcadia | 2006-01-21 23:52 | 今後の予定

国内の予定

2005年12月後半~1月前半に国内でのコンサートを行なう予定です。
プログラムはイタリアとスロヴェニアツアーでやった曲目になると思います。

場所はハクジュホールなどが候補に上がっています。
決まったら、すぐに情報をアップしますので、お楽しみに!!!!

追記

 12月23日 二本松市コンサートホール(福島県)
 12月25日 hakujuホール(東京・代々木)

以上の演奏会企画を進めています。お楽しみに!
[PR]
by ricrearcadia | 2005-04-03 00:09 | 今後の予定

バロック・アンサンブル Ricreation d'Arcadia の BLOG


by ricrearcadia
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite