Ricreation d'Arcadia official BLOG

ricrearca.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ツアー報告( 4 )

ツアー報告(アントレ2005年12月号掲載分)

以下は、古楽情報誌「アントレ」2005年12月号に掲載された文章の一部です。
(一部追加個所などもあります。)
7月のツアーはすでにブログで報告してありますので、10月分をどうぞ!

-------------------------------------
リクレアツィオン・ダルカディア 2005年 イタリア&スロヴェニア・ツアー報告

10月のコンサート・ツアーは8日間で計7回という少々ハードなスケジュール。
10月15日 ボローニャ Sala Filarmonica
10月16日 ボッティチーノ (ブレシア)  Teatro Lucia
10月18日 トレント Trento Sala Grande Castello del Buonconsiglio
10月19日 ロヴェレート Sala Filarmonica
10月20日 モデナ Teatro San Carlo
10月21日 ローマ auditorium Istituto Italiano di Cultura
10月22日 チェント(フェラーラ) foyer Teatro Borgatti

 ボローニャではコレッリやモーツァルト、ワーグナーらが名誉会員であることでも知られる、歴史あるアカデミア・フィラルモニカのコンサート・シリーズでの演奏会。事務室にはコレッリから指揮者ムーティに至るまでの名誉会員達の肖像がずらりと並んでいて壮観でした。会場は品のある赤色の背椅子が印象に残るホールで、古楽を演奏するには響きが少々足りないと思われるものの、その不足が音楽の妨げにならないという不思議な場所でした。会員制のコンサート・シリーズであるせいか聴衆の年齢層が非常に高く、落ち着いた雰囲気の演奏会となりました。

d0011119_2344310.jpg

 この写真はボローニャ・アカデミア・フィラルモニカの名誉会員リスト。
 コレッリ、モーツァルト、ワーグナー、最近ではアバド、ムーティの名も見えます。

 16日はブレシア古楽祭での演奏。会場はブレシア駅から車で15分ほどのボッティチーノという静かな町の近代的な劇場でした。響きが非常に少ない会場のため少々心配したものの、演奏後の聴衆の反応は思いのほか良く、私達もほっと胸をなでおろしたのでした。満員御礼とまではいかなかったものの、聴衆の中にはオルガニストR.ギエルミの顔があったり、ブレシアのコンセルヴァトーリオのチェロ教授がいたりと、うっかり気を抜けないものです。
 17日は16世紀の公会議で知られる町トレントへ。ツアー中唯一の休日を得ていた私達は町を散歩していたところ、その町の音楽学校ボンポルティ音楽院を偶然にも発見。これもボンポルティコンクールで優勝した縁と思い音楽院に入ってみたところ、次の日19日はなんとメンバー松永綾子の師匠でもあるS.モンタナーリ(伊古楽グループ「アカデミア・ビザンティーナ」やC.ルセの「レ・タランリリク」のコンサート・マスターとして活躍するヴァイオリニスト)のマスタークラス。これは千載一遇のチャンス、と次の日4人は飛び入りでマスタークラスを受講してしまったという楽しいハプニングもありました。
 話は戻り、18日トレントの演奏会場はその町の中心にある大きな古城。大理石の床と美しい絵画が壁に描かれている空間は響きも良かったのですが、歴史的建造物にはよくある空調の不備のため、凍えるほどに寒い。まだ10月とは言え、イタリアの北に位置するトレントの夜はすでに冬なのです。しかし会場は満員の盛況、寒さを吹き飛ばしながらの演奏会でした。
 19日はコンクールの舞台ともなったロヴェレートでのコンサート。トレントの南に位置するロヴェレートは、モーツァルトが初めてのイタリア旅行でも訪れ、ゲーテが「ドイツ語とイタリア語の境目である」と語った、小さいけれど多くの歴史を抱えた町でもあります。故郷に戻ったような感覚をもってほぼ一年ぶりに訪れるコンサート会場へ。そこは絹のような柔らかい響きをもった私達の大好きなホールで、そこで演奏することは何にも勝る私達の喜びでした。客席には去年のコンクールのときに知り合った顔もちらほらと見え、まさに故郷に温かく迎え入れられたような雰囲気のコンサートとなりました。新聞へ出ていた予告記事も、その見出しは「ダルカディアが帰ってきた!」。
 20日は少々南へ下り、モデナへ。モデナ音楽祭のラインナップは非常に充実したもので、レオンハルト、ヴェネクシアーナ、E.オノフリ、S.センペなどの第一線の音楽家達が毎週のようにやってきていました。会場は劇場ということで訪れるまでは響きを心配していましたが、それは幸いなことに杞憂に終わり、非常に美しい外観と良い響きをもった素晴らしい空間でした。客席は1つも空きがない満員、舞台上両端に座っている子供達は熱心に音楽に耳を傾けており、私達も集中度の高い演奏ができたと思います。
 次の日21日は列車での大移動を経て、ローマへ。ローマでの演奏会場は日本文化会館のホール。日本人スタッフに迎えられ、障子戸のある楽屋にいるとここは日本?と一瞬錯覚するほど。そうしたおかげもあってか、私達もリラックスして演奏を楽しむことができたように思います。コンサートでは主催者側の要望により、アンコールに「小さな秋(新垣隆編曲)」を演奏。聴衆は日本文化会館主催イベントの常連客に加え、私達の評判を聞いてやってきた方も何人かいらしたようでした。
 そしてとうとうツアーの最後、22日はフェラーラとボローニャの間に位置するチェントの劇場へ。会場は劇場そのものではなく、建物の中にある落ち着いた雰囲気の一室。用意した客席はあっという間に一杯になり、部屋側面の戸を全部開け放して、部屋を取り囲むように椅子を並べてようやく全員が着席できた、というハプニングもありましたが、そうした親密な空間の中で、ツアー最後を飾る良いコンサートができたのは本当に幸せなことでした。
 以上が今回のツアーの簡単な報告となります。想像以上に多くの人が私達の演奏を聴きにやってきて、そして多くの人が私達の音楽に喜びを感じてくれたことは、今後もよりよい音楽を生み出していこうという大きなエネルギーを私達に与えてくれました。ツアー前に私達の演奏を聴いて多くのアイディアをくださったマリー・レオンハルト、そしてこのツアーのために懸命に仕事をしてくれたマネージャーのフランチェスカ・バローニに感謝しつつ、筆を置くことにします。
 
[PR]
by ricrearcadia | 2006-01-23 23:45 | ツアー報告

2005イタリアの1枚 シリーズ1

マネージャのフランチェスカ嬢と共に。食事後で満ち足りた表情です。
d0011119_23293963.jpg

[PR]
by ricrearcadia | 2006-01-23 23:29 | ツアー報告

10月ツアーの写真

みなさん、こんにちは。ダルカディアのブログへようこそ。東京も大分寒くなってきました。
7月&10月ツアーの詳しい報告は12月発売の古楽情報誌「アントレ」に掲載されますが、
それには掲載されないと思われる写真を何枚かブログにのせてみます。

これはボローニャのコンサートの後、イタリアで大活躍中の歌い手櫻田亮・智子夫妻に連れて行ってもらったおいし~いボローニャ料理の店での1枚。特大プリンを前に少々戸惑い気味?
d0011119_1391451.jpg


Bresciaでのコンサート後の打ち上げ。真ん中のイタリア人は、エマニュエレ・ベスキさんと
いう音楽祭のオーガナイザーの1人。ミラノでヴィオラを教えている音楽家でもあり、
チェロのパオロ・ベスキさんのお兄さん。とっても親切な人でした!
d0011119_1392684.jpg


ロヴェレートの町で見つけたダルカディアのコンサートポスター。
このコンサート・シリーズ、僕達の後は今井信子さん達のカルテットでした。
d0011119_1393713.jpg


ローマでのリハーサルの一コマ。
d0011119_1394976.jpg

[PR]
by ricrearcadia | 2005-11-19 01:51 | ツアー報告

July/2005 ツアー記録

2005年7月のツアーはスロヴェニアから始まりました。

アムステルダムから、飛行機でまずイタリアはTrevisoへ。
そこから車が迎えにきて、スロヴェニア東端のBrezieまで、国の西端から
ほぼ横断するように移動。しかし、運転手Igorくんの最高190キロ運転の
おかげで、3時間半ほどであっというまに到着したのでした。
(国の端から端までがその時間ですよ!)

本来16日にもベルグラードでコンサートがあったのですが、内戦後の混乱で
オーガナイズができない状態となり、直前2週間ほど前にいきなりキャンセル。
マネージャーのFrancescaから「私達は怒っている!」と突然連絡があり、
よくよく聞いてみると、ベルグラードで行われる20ほどのコンサート全てが
キャンセルされたとのこと。しかも彼らはすでに交通費など経費のお金は
払い込んでいて、演奏会だけが行われなかったということ。不可思議。

しかし、そのおかげでコンサート4日前からBreziceのリゾートホテルで
ゆっくりと過ごすことができたのでした!!!(屋外・屋内プール・サウナ付き)


7月19日 Knight's Hall of the Posavski Museum : Brežice
  Corelli, Bonporti, Locatelli, Frescobaldi, Vivaldi.

  このホールは本当に感動的な場所でした。Breziceという小さい町の
  城の中の一室なのですが、美しい絵画が天井から壁面に至る
  全ての面を覆い、なおかつ実に素晴らしいアコースティックを持っているという
  稀有な場所。下に写真があります。

  実質このグループとしての演奏会のデビューだったのですが、
  ホールの素晴らしさと聴衆の温かさが相まって、実に感動的なコンサートと
  なりました。またここで演奏したい!

  そして終演後は音楽祭のプレジデントに熱~~~~いハグを受けた4人でした。

d0011119_1747465.jpg


7月20日 The church of Our Lady's Assumption : Trebnje
  Handel, Geminiani, Telemann, , Abel, Frohberger, Biber.

  次の日は、Breziceから一時間ほど車で飛ばしたところにある
  教会でのコンサート。リハーサル前にテレビのインタビューや取材を
  受けて、少々忙しい日となりました。
  この会場は前日の素晴らしい響きと比べると少々聴きおとりのする
  ものの、お客さんの拍手は鳴りやまず、アンコールを急遽増やすという
  嬉しいハプニングもありました。

d0011119_17564267.jpg


  スロヴェニア音楽祭は予想より遙かに大きく、とても意欲的な企画を
  多く抱えている興味深いものでした。音楽祭のプレジデントは私たちの
  演奏を非常に喜んで、来年以降の話も早速いただきました。
  別れ際の「さよならは言わない、またすぐに会おう!」という彼の熱い人柄を
  端的に示す言葉は忘れられない、、、、
  来年以降もここを訪れることが現実となるよう祈っている4人なのでした。


7月22日 Villa Simonetta : Milano
  Corelli, Bonporti, Locatelli, Mozart, Vivaldi.

  21日は移動日となり、スピード・ヴェニス観光。
  22日午前中にミラノへ移動し、夕方からサウンドチェック。
  ミラノの演奏会場は、音楽学校の庭(屋外)なのでした。
  PAを使うことには少々抵抗があるものの、そこは夏の間
  ずっとシリーズで沢山のコンサートをPAとともにやっている
  そうで、私たちはなんとか割り切りつつ頑張って弾いてきたのでした。
  直前で雨が降り出すというベストではない環境でしたが、
  大勢のお客さんが喜んでくれました。

7月23日 XXXVII edizione Urbino Musica Antica
Palazzo Ducale : Urbino

  Corelli, Bonporti, Locatelli, Frescobaldi, Vivaldi.

  Pesaroまで電車、そこからバス、という結構面倒な道程を経て、あの有名な
  ウルビーノ音楽祭へ。ここは本当に美しい町です。

d0011119_1758212.jpg


  ここでも本当は中世に建てられたPalazzoの中の素敵な屋外会場で
  演奏するはずだったのですが、天候のことを考えて、お城の室内へ。
  (本番前後は大雨だったのでした!)
  しかし、室内のホールも素晴らしい響きをもった場所で感激。

  コンサートには音楽祭のサマーコース教授陣達が何人も来てくれて、
  終わった後、楽屋に訪ねてきてくれたのは非常に嬉しいことでした。
  (しかし、本番中にそういう人の顔が見えるのは怖いものです)

  ヴァイオリンのE.Gatti, チェンバロのE.Baiano, チェロのA.Gervreau,
  リコーダーのM.Formなどが楽屋に飛び込んできて、喜びに満ちたコメントを
  してくれたのは大きな励みになりました。
  また上述したある先生は、「君たちのようなグループを探していたんだよ!一緒に
  演奏会や録音しよう!」と興奮しながらスカウト?してくれたのにはびっくり。
  先生達のみならず、いつもは非常にクリティカルにコメントするという
  サマーコースの受講者達も

  「僕たちがどんなにハッピーだったか、君たちは知らなければいけないよ!」
  「こういう音楽を聴きたかったんだよ!!!」
 
  と多くの人がありがたいコメントをしてくれて本当に嬉しい限り!!!
  これで10月もがんばることができる!と思ったダルカディアの4人でした。

  ウルビーノの終演後はヴァイオリンの幸恵ちゃんこと山口幸恵がフライトの都合で
  急いで夜を徹してベルガモまで移動しなければならず、みんなで涙の別れ。
  そして次の日、E.Gattiとランチをした他の3人は、電車に乗り遅れ、そしてとうとう
  フライトに乗り遅れ、、、、 と後日談はいずれまた。
[PR]
by ricrearcadia | 2005-08-06 05:49 | ツアー報告

バロック・アンサンブル Ricreation d'Arcadia の BLOG


by ricrearcadia
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite